赤ちゃんフォト・
七五三フォト

  • TOP  >  
  • 赤ちゃんフォト・七五三フォト

menu

おふたりにとって待ちに待った赤ちゃん。誕生からお宮参り、お食い初め、初めての誕生日、初節句、七五三・・・スマホやデジカメでの撮影もいいけれど、成長してきた節目をアルバムにして大切に残すには、写真館での撮影がおすすめです。

こちらでは出雲大社専属の写真館、独立軒写真場の赤ちゃんフォトや七五三フォトについてご紹介します。お子さんのベストショットの撮影は、伝統の技術力に自信がある当社にお任せください。

赤ちゃんフォト

ふたりの間に生まれてきてくれた大切な赤ちゃん。一瞬一瞬の成長に、パパやママの毎日の感動は大きいことでしょう。赤ちゃんが成長していく節目を写真に切り取って、大切に残していきたいですね。

赤ちゃんの成長の節目には、昔からさまざまなお祝いがあります。お誕生からお宮参り、百日のお祝い(お食い初め)、ハーフバースデー、はじめての誕生日・・・。当社ではさまざまな記念日の撮影に対応しております。

出雲大社専属の写真館だからこそ、境内での撮影も可能です。出雲大社にお参りに来られたら、将来の幸せを願う気持ちといっしょに写真に収めておきましょう。男の子、女の子ともに産着を無料にてレンタルいたしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また最近では、赤ちゃんが生まれる前のマタニティフォトを撮影されるカップルも増えています。当社のプリント技術は、10年、20年先まで色あせない点が魅力。お子さんの大切な成長を見守りますので、お子さんが大きくなってからいっしょに見返すのも嬉しいことでしょう。

七五三フォト

お子さんのすこやかな成長を神様に感謝して、将来の幸せをお願いする七五三。出雲大社のある山陰地方では、七五三のことを「紐落とし(ひもおとし)」と呼んでいますが、とりわけ出雲大社では帯直式(おびなおし)と呼んでいます。。そのいわれは、3歳になると、産着についている紐を取って、帯を締めるようになるからです。

女の子は3歳と7歳、男の子は5歳と7歳でお祝いする地方もありますが、出雲では男女ともに3歳から七五三をお祝いするのが一般的。お子さんの写真はもちろん、パパやママもおめかしして、家族写真を撮るのもいいですね。ご家族にとって一生の宝物になることでしょう。

元気いっぱいの子どもたちの自然な笑顔を写真に収めるため、スタジオだけではなく外へ飛び出してロケーション撮影するのもおすすめです。当社は出雲大社の神殿内での撮影も可能。出雲の神様も写真とともにお子さんの成長を見守ってくださることでしょう。

お問い合わせ・資料請求 CONTACT

ご予約や資料請求、小さなご不安お悩みごともお気軽にご相談ください。